群馬県のオススメ観光スポット、コース、温泉、旅館、グルメ、地ビール、スイーツを紹介するWebサイト

この春、会社を定年退職したのをきっかけに夫は俳句を始めました。
「一句できたぞ!」と自慢そうに私に見せるのですが、「それじゃあ川柳よ」。
夫はムっとした顔をしながら「吟行に行ってみると上達するかな」。
「長い間お勤めお疲れ様でした。退職記念に文学散策なんてどうかしら」
「久しぶりに二人でのんびり出かけようか」
サルビアとトロロアオイ

百花繚乱の花の丘

◆鼻高展望花の丘

鼻高展望花の丘写真 「鼻高展望花の丘」は名前の通り花の名所です。九月はサルビアやルドベキア、中旬から約40万本のコスモスが咲き、「コスモスまつり」が行われます。地場産野菜の販売、花の種のプレゼント、菜種油搾りの実演、ミニうさぎと遊ぶコーナーなど盛りだくさん。キバナコスモスの迷路は子どもに人気。マリーゴールド、トロロアオイも見頃を迎えます。ちなみに、四月は「菜の花まつり」。一面に咲いた菜の花が見られます。ここで取れた菜種を搾った菜種油は、天然の芳醇な香ばしさが楽しめます。

 高崎市観音山丘陵・少林山の中腹、鼻高展望花の丘の隣に、長坂牧場があります。牧場内内にある直販所「みるく工房たんぽぽ」からの景色はとても素敵です。約40年の歴史をもつ長坂牧場。平成11年に牧場に併設する「みるく工房タンポポ」が開店しました。

人気は「みるく」味

絶品のジェラート
みるく工房タンポポ写真

◆長坂牧場

 「みるく工房タンポポ」の商品はとっても濃厚。長坂牧場で育てた優秀なホルスタイン種、ジャージー種の乳牛からしぼった良質な生乳を使用しています。
昭和62年には第26回農林水産祭の畜産部門で「天皇杯」を受賞。商品は添加物を一切加えず、徹底した衛生管理の下に製造されていて、とても安心。
「わー、色々なアイスがあるわね。これはジェラートと言うみたいだぞ。」
ジェラートは、長坂牧場でとれたミルクを使用し、全て新鮮な素材から生産しています。味の種類は豊富で、なんと、18種類あり、シチリア産の塩による「海のジェラート」もあります。他にも季節ごとの旬の食材を使用した、期間限定テイストが9種類。カップ、コーンが選べます。全てのジェラートは濃厚な「みるく」がベースとなっています。
人気ナンバーワンはやはり「みるく」味。甘さとコクが口いっぱいに広がります。
ミルクのアイス…じゃなくて、ジェラートを一ついただこうかしら。「美味しい!」 きっと愛情込めて育てられているのね。この牧場で採れた新鮮なミルクを使っているから格別だな。久しぶりに食べたわ。「もう一つくださーい!」「お腹こわすぞ」。
お店のおすすめ、飲むヨーグルトは餌にもこだわって飼育した長坂牧場の乳牛のしぼりたてミルクを使用。二日間じっくり醗酵させて作り上げています。香料・安定剤は使用していないので、安心して頂けます。
「酸っぱくなくて、後味はすっきり。濃厚だけど、飲みやすいわね」
「自然の中で飲んだり、食べたりするのも気持ちがいいなあ」
「そこで一句。ジェラードをもっとくれろと泣く子かな。もう一句。閑さや腹にしみ入るミルクジェラート。字余り」
「あなたの俳句にもコクが必要ね」
このページのトップへ